ことば

COLUMN

第84回「ウツラな日々」

これさえ乗り切れば なんとかなるって

とにかく何でもいい、気持ちあるままに書けばいいんだ

気持ちあるまま?

もっともらしいことが 一番危険

怒らないでくれ

書きたいことなんてなにもない

ホント申し訳ないけど

書きたいことなんて なんもないんだ!

 

幾度となく味わっている この気持ち

ゴングが聞こえないボクサーかよ ホラホラもう時間切れ

いくら追い込んでも追い込まれても

闇雲に人と会っても 町を彷徨っても

なんも出てこない

伝えたいことなんてなにもない

ホント申し訳ないけど

伝えたいことなんて なんもないんだ!

 

ああっ嫌だ嫌だ もうたくさんだ

開き直ったオイラがこう言ってるよ

言いたいことって なに?

そうオイラは聞き分けの悪い子供のように

駄々をこねるオッサンになり下がる

あきらめればいいのに

なにか動き出す気配がしないんだ

ホント申し訳ないけど

言いたいことなんて なんもないんだ!

 

ちょっとは、本心だったりするのかな、ホントすんません!

夜から朝になり、部屋にある石油ファンヒーターの灯油が切れてしまった。

トム・ウェイツの「BLOOD MONEY」、これで何回目のリフレインなんだろう。

まちがいなく時間だけは過ぎていくのに……追い込めば何かが出てくる。

 

そんな時も確かにあるが……ホント困ったものだ。

なんだか頑なにこころ動かぬ人となったかのように。

というか、今はこんな気持ちだということなのだろうか。

あっそうか、そういうことなのか。そう考えると少し気楽になる!?

 

近頃のぼくについて書こう。

元気だ……禁煙して一年五ヵ月になる……食欲もある……いまさらだが米がうまい……以前より少し太った……首と腰はデンジャラスゾーン……2009年も仕事はやっている……働くことは決して嫌いじゃあない……変わらずサッカーは大好きで……岡田JAPAN、大丈夫?……我が家の犬の風ちゃんは四歳になって……猫のトラはやっと一歳になり二人とも気ままに過ごしている……かわいいって理屈なく堪らないこと……オフの日は相変わらず自転車で町をうろついて……身も心も彷徨っています……そうそう、初めて買ったPASMOに大興奮……思いつくまま栃木までひとり旅……修学旅行以来の日光東照宮!……ミザルイワザルキカザルだっけ……「そりゃあねぇだろ、こんな時代だからこそ、ちゃんと見ろよ言えよ聞けよ」ってボソッと独り言……参拝客の半分はアジアからの観光客……東照宮バックにセルフタイマーで自画像を撮るオイラ……5・4・3・2・1カシャ……永遠にプリントアウトされることはない?……ああっ、ぼく生きてますかあっ!……おみくじを引いたら、願い事は時間がかかるが叶うって……帰り電車の夕暮れ、車窓に映る57歳の男……元気でいればなんでも出来るぅぅ……おれはあの日、アントニオ猪木になったんだ。

日々を面白おかしく過ごせればいいだろうと思うが、なかなかそうはいかない。

そうはいかないように世の中の仕組みは、巧妙に成り立っている。

ありとあらゆる場所で景気の悪さが話題に上る。確かにそうなんだと思うし、ぼくたちの現場でも感じることが多くなった。

ただ、ぼくらは経済だけで生きているわけでもない。消費することが、すべてでもない。

今までの価値観を少し変えてみる……こんな時代だからこそ自分の生き方を探ってみるいい機会かも……なんて、そんなことをウツラウツラ考えているのが……近頃のぼくだ!

 

「音楽と人」2009年3月号掲載